軽鉄ボード工事

弊社には、軽鉄ボード工事を行う技術者が多数在籍!
内装施工のことなら弊社にお任せください!

軽鉄ボード工事は、25年ほど前から行われるようになり、現在、店舗、商業施設、マンション、住宅、オフィスビルなどの内装において広く選ばれている施工です。
弊社は、この特化した技術を持ち合わせた業者であり、お客様から多くの信頼をいただいております。

高品質で低価格!~おすすめの軽鉄ボード工事ならリバネスへ~

軽鉄とは軽量鉄骨材の略で、店舗やオフィスの天井や壁の下地となる非常に薄い鉄板のこと。
リバネスでは、湿気に強く燃えにくいという特徴を備えたこの軽鉄を使用し、ボード工事を行っております。

ボード工事とは、塗装やクロスを貼る前の作業工程で、軽鉄材に石膏ボードを貼って下地をつくる作業です。この工法により、遮音性、防火・耐火対策が優れた施工が実現しました。万が一火災が起こっても、その拡大を防ぐことができるので、逃げ道を確保することが可能。

軽鉄の優れた特徴

  • 防火検査で合格する確率が高い
  • 防音効果が高い
  • 木よりもリーズナブル
  • 木の施工よりも工事が簡単でスピーディー
  • 軽量なので建物への負担が少ない
  • リサイクルが可能なので地球にやさしい
  • 耐アレルギー性能が高く安心

リバネスには、このようにメリットの多い軽鉄ボード作業を行う技術者が多数在籍。
人手不足でお困りの場合など、プロが応援にかけつけます。
また、分離発注なども承っておりますので、お気軽にお申しつけください。

軽鉄ボード工事の作業手順・流れ

天井・壁の骨組みを行ったあとは、「軽鉄ボード工事」を行います。この工事は内装施工のひとつで、天井や壁の下地をつくる作業のことで、軽鉄材などの上に燃えない材質の石膏ボードを貼りつけます。

木材を使用するケースよりスピーディーに作業ができ、また、石膏ボードは優れた防火性・施工性・耐食性・耐久性・加工性・経済性を備えているので、天井・壁の下地材としてぴったり。安全性の高い下地が完成します。

このようにメリットの多い軽鉄ボードの作業の手順はこちら!

STEP1
施工する箇所、範囲、寸法を図面で確認します。
STEP2
図面から寸法を計算し、床面に墨出し作業を行います。
STEP3
切断機を使って部材(ランナー・スタッド)を切断します。
STEP4
STEP2で墨出しした箇所に、建設用の工具を使用してランナーを上下に固定します。
STEP5
スタッドを固定したランナーに建て込みます。
STEP6
壁の寸法に合うよう、石膏ボードをカッターなどで切ります。
STEP7
カットした切断面をやすりでなめらかにします。
STEP8
やすりをかけたボードを等間隔にビスで打ち、固定します。
STEP9
石膏ボード貼りが完了します。

軽鉄ボード工事は、天井・壁の塗装、クロス貼りの前に行う下地づくり作業のため、完成度の高い仕上げを実現するには繊細な技術力が求められます。店舗、オフィス、商業施設など大切な建物における軽鉄工事などの内装工事は、経験豊富な職人が揃ったリバネスにお任せください。勉強会などに参加し、実績を積み重ねたプロの技術者がお伺いし施工いたします。

施工事例&特徴

店舗・商業施設・スタジオ・倉庫

飲食店、美容室、小売業、ショッピングセンター、百貨店、スーパーマーケット、倉庫など、あらゆる店舗の軽天工事に対応可!

マンション・戸建

ひと昔前のマンションには、木の下地が使用されていましたが、現在は、軽量鉄骨が広く使用されるようになりました。防火、防音、耐アレルギー効果が高く、丈夫でリーズナブル。軽鉄なら、さらに曲がりや反りがないので吊り材も少しでOKなどメリットが豊富。そのため、最近では一戸建てにも使用され始めています。

オフィス・学校・保育園・病院

店舗、マンションだけでなく、公共建築物などにも多く使用されています。耐火効果が高いので、安全面からいってもメリットが大きく、これからも需要が拡大する見込みです。また、公共施設の場合は、より安全第一!をモットーに作られるため、JIS規格材での施工が一般的です。

店舗、マンション、オフィスなど内装施工を手掛ける業者のご担当者様へ

リバネスでは、内装ご担当者様に対し、軽鉄ボード工事に関する弊社の作業内容、会社概要などにつきましてご説明させていただいております。ご連絡をいただければ、弊社担当がお伺いいたしますので、お気軽にご連絡ください。
お待ちしております。